国内外ニュース

AIで不適切投稿削除 フェイスブック

 2日、米サンノゼで開いた開発会議で説明するフェイスブック幹部(共同)  2日、米サンノゼで開いた開発会議で説明するフェイスブック幹部(共同)  フェイスブックのロゴ(ロイター=共同)  フェイスブックのロゴ(ロイター=共同)
 【サンノゼ共同】米交流サイト大手フェイスブックは2日の開発会議で、人工知能(AI)技術を活用し、テロリストの動画やヘイトスピーチ、ポルノといった不適切な投稿を利用者が閲覧する前に抽出し、削除する取り組みを進めていると発表した。

 今年1~3月に過激派組織「イスラム国」(IS)やアルカイダに関連する200万近くの投稿を削除した。昨年10~12月の約2倍に上る。99%は利用者の指摘を受ける前に削除したという。

 AIで書き込み内容を読み取る仕組みを、輸血の際の血液募集や自殺予防といった社会貢献にも活用している。開発者は「こうした取り組みを広げたい」と述べた。

(5月3日6時31分)

経済(5月3日)