国内外ニュース

自然保護地1・5万ヘクタールに 市民の寄付で土地取得

 ナショナル・トラスト活動で土地を取得した両神山(奥)=埼玉県(日本ナショナル・トラスト協会提供)  ナショナル・トラスト活動で土地を取得した両神山(奥)=埼玉県(日本ナショナル・トラスト協会提供)
 森林など貴重な自然を開発行為から守るため、市民や企業から寄付を募り土地を取得する「ナショナル・トラスト」活動で、国内の主要団体が管理している土地が計約1万5700ヘクタールに上ることが3日分かった。4日は「みどりの日」。豊かな緑を守るため、半世紀前に始まった草の根の自然保護活動は、着実に浸透している。

 公益社団法人日本ナショナル・トラスト協会(東京)が4月末時点で集計した。東京ドーム約3300個分に相当し、世界自然遺産の白神山地(青森・秋田、1万7千ヘクタール)に迫る広さだ。

 トラスト活動は英国発祥。国内では1960年代の鎌倉(神奈川)が始まりとされる。

(5月3日19時08分)

科学・環境(5月3日)