国内外ニュース

富士フ、米裁判所に異議申し立て ゼロックスと買収反対派和解で

 富士フイルムホールディングス(HD)は米東部時間の2日、同社が買収を計画している米事務機大手ゼロックスが買収反対派の大株主と和解したことについて、ニューヨークの裁判所に異議を申し立てた。富士フイルムHDの主張が認められなければ、和解が成立する。

 ゼロックスは1日、買収に反対する大株主のカール・アイカーン氏らと和解したと発表した。買収交渉を担ったジェイコブソン最高経営責任者(CEO)が辞任し、新たな経営陣が買収計画の代替案を検討するとしている。富士フイルムHDは従来通りの計画推進を目指し、和解の成立を阻止したい考えだ。

(5月3日22時22分)

経済(5月3日)