国内外ニュース

NY株、一時350ドル安 貿易摩擦に警戒感

 【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して一時、前日からの下げ幅が350ドルを超えた。米中両政府は3日、北京で貿易問題に関する協議を開始。市場では、貿易摩擦が激化することへの警戒感から売り注文が優勢となった。

 午前10時半現在は、前日比275・58ドル安の2万3649・40ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は40・78ポイント安の7060・12。

 2日は、ダウ平均が前日比174・07ドル安の2万3924・98ドルで取引を終えた。ナスダック総合指数は29・80ポイント安の7100・90だった。

(5月4日0時01分)

経済(5月4日)