国内外ニュース

潜伏キリシタン世界遺産へ 奄美・沖縄は延期、ユネスコ勧告

 長崎市の「大浦天主堂」  長崎市の「大浦天主堂」  「黒島の集落」の本村集落=長崎県佐世保市  「黒島の集落」の本村集落=長崎県佐世保市
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は、江戸時代を中心としたキリスト教禁制の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)を世界文化遺産に登録するよう勧告した。亜熱帯の森に多くの貴重な生物がすみ、政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)については、推薦内容の抜本見直しを求める「登録延期」を勧告した。政府が4日未明に発表した。

 最終的な登録の可否は、勧告を踏まえ、ユネスコ世界遺産委員会が6月24日から7月4日に中東のバーレーンで開く会合で審査する。

(5月4日1時51分)

文化・芸能(5月4日)