国内外ニュース

イノブタレースに歓声、和歌山 すさみ町の海水浴場

 和歌山県すさみ町の海水浴場で開かれた「イノブタダービー」=4日  和歌山県すさみ町の海水浴場で開かれた「イノブタダービー」=4日
 イノシシとブタの交配種「イノブタ」の発祥の地として知られる和歌山県すさみ町の海水浴場で4日、生後約3カ月のイノブタが競走する「イノブタダービー」があり、観光客らが珍レースに歓声を上げた。

 同町はパロディー国家「イノブータン王国」をつくって毎年建国祭を開いており、レースは目玉イベントだ。

 砂浜に設けた1周100メートルのコースに「ショウヘイ」や「ユズル」など話題の有名人にちなんで名付けられた6匹が出走。観光客らは「豚券」を握り締め、見守った。

 午前中のレースでは、ゴール手前で抜け出した「ヒフミン」が1着。ライバル視されていた「フジイ」は3着だった。

(5月4日16時42分)

暮らし・話題(5月4日)