国内外ニュース

世界卓球、男子は準々決勝敗退 6大会ぶりメダル逃す

 男子準々決勝 韓国戦の第1試合で敗れた張本智和=ハルムスタード(共同)  男子準々決勝 韓国戦の第1試合で敗れた張本智和=ハルムスタード(共同)
 【ハルムスタード(スウェーデン)共同】卓球の世界選手権団体戦第6日は4日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、男子準々決勝で日本は韓国に1―3で敗れ、6大会ぶりにメダル獲得を逃した。

 日本は第1試合を張本智和(エリートアカデミー)が2―3で落としたが、第2試合は水谷隼(木下グループ)が3―2で競り勝った。だが、松平健太(木下グループ)が1―3で敗れると、第4試合は水谷がストレート負けした。

 スウェーデンがイングランドに3―0、ドイツはブラジルに3―1で勝ち、それぞれ4強入りした。

(5月5日5時31分)

国際大会(5月5日)