国内外ニュース

NY原油、一時69・97ドル 3年5カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク原油先物相場はイラン情勢の緊迫化に対する懸念から大幅に続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)6月渡しが一時69・97ドルと70ドルに迫り、2014年11月下旬以来、約3年5カ月ぶりの高値をつけた。

 終値は前日比1・29ドル高の1バレル=69・72ドルで、終値としても約3年5カ月ぶりの高さだった。

 米国がイラン核合意から離脱するかどうかを判断する期限が12日に迫る中、米による対イラン制裁の再開が決まればイラン産原油の供給が減るとの警戒感が強まった。

(5月5日5時27分)

経済(5月5日)