国内外ニュース

グーグル、選挙広告厳格に 米国民、永住者に限定

 米グーグルのロゴ(AP=共同)  米グーグルのロゴ(AP=共同)
 【サンノゼ共同】米グーグルは4日、米国民と合法的な永住者だけが米国で選挙広告を出せるようにする運用を始めたと発表した。傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」も対象となる。政府発行の身分証明書などの提示を求める。広告主も開示する。外国政府の選挙干渉を防ぐため、選挙広告を厳格化する。

 2016年の米大統領選ではロシア政府による米ネットメディアでの政治的な広告の掲載が問題となった。フェイスブックやツイッターも政治広告の情報を開示する取り組みを進めており、グーグルも追随した形だ。米議会では、ネット媒体の政治広告の情報開示を法制化する動きもある。

(5月5日5時37分)

経済(5月5日)