国内外ニュース

ガザでデモ、千人超負傷 軍と衝突、6週連続

 4日、パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍から催涙弾を発射されたパレスチナ人のデモ(ゲッティ=共同)  4日、パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍から催涙弾を発射されたパレスチナ人のデモ(ゲッティ=共同)
 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で4日、パレスチナ人の若者らによる反イスラエルデモがあり、ガザの保健当局によると、イスラエル軍の銃撃を受けた約80人を含む1100人以上が負傷した。3月30日のデモ開始以降、軍との衝突は6週連続。死者は40人超に上っている。

 イスラエル軍によると、4日のデモには推定約1万人が参加。デモ隊の一部が境界付近にあるフェンスを破壊したほか、燃料用パイプラインに火を付けるなどしたという。衝突はイスラム教の集団礼拝がある金曜日ごとに発生している。

(5月5日9時12分)

国際(5月5日)