国内外ニュース

強盗容疑で30代警部補を手配 捜査2課所属、群馬県警

 群馬県嬬恋村の商店で現金などが奪われた強盗事件で、群馬県警が強盗容疑で県警捜査2課の30代警部補を指名手配したことが5日、捜査関係者への取材で分かった。警部補は事件後、連絡が取れていない。

 捜査関係者らによると、現場に残された靴や付近にあった車などから、警部補が関与した可能性が浮上した。商店裏口のガラス戸を破って侵入したとみられる。

 県警によると、2日午前2時すぎ、嬬恋村大笹の商店で男が現金約1万円とビール券を盗み、取り押さえようとした警察官に体当たりし、押し倒すなどした。近所の住宅から車を盗み逃走した可能性があるとみて行方を追っている。

(5月5日16時58分)

社会(5月5日)