国内外ニュース

ロシアのW杯開催都市で銃撃戦 男殺害、警察官3人負傷

 ロシア西部ニジニーノブゴロドのワールドカップ(W杯)会場=4月(AP=共同)  ロシア西部ニジニーノブゴロドのワールドカップ(W杯)会場=4月(AP=共同)
 【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)は5日、西部ニジニーノブゴロドで4日、男が警察官に発砲し、3人が負傷したと発表した。男はFSBの特殊部隊などとの銃撃戦の結果、殺害された。ニジニーノブゴロドは6月に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で準々決勝など計6試合の開催が予定されている。

 男は警察官に身分証明書を調べられた際に発砲し、近くのアパートに逃走。治安機関の説得にも応じず、銃撃戦となった。当局が身元や動機を調べている。

 6月14日に開幕するW杯では計11都市で試合が行われる。ロシアにとってはテロ対策が重要課題となっている。

(5月5日18時52分)

サッカー(5月5日)