国内外ニュース

ファーガソン元監督、脳出血 緊急手術、マンチェスターU

 【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは5日、アレックス・ファーガソン元監督が脳出血のため緊急手術を受けたと発表した。手術は成功したが、引き続き集中治療が必要という。

 76歳のファーガソン氏は1986~2013年に監督を務め、13度のリーグ優勝など数々の栄冠に導いた。98~99年は欧州チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、イングランド協会(FA)カップの3冠を達成した。

 4月29日にはマンチェスターUの本拠地で、今季限りで退任するアーセナルのベンゲル監督に記念品を手渡し、元気な姿を見せていた。

(5月6日9時02分)

サッカー(5月6日)