国内外ニュース

山陽新幹線で遅れ 岡山駅で車両交換、異常なし

 6日午前11時ごろ、山陽新幹線広島―岡山間を走行中の広島発東京行きのぞみ158号で「車両のパンタグラフに不具合がある可能性がある」と、広島駅近くの車両基地から東京指令所に連絡があった。岡山駅で車両を交換し、21分遅れで出発した。

 JR西日本によると、点検の結果、異常はなかった。岡山―新大阪間の上りの一部に遅れが生じ、約8100人に影響した。

(5月6日14時02分)

社会(5月6日)