国内外ニュース

ゴロフキンが20連続防衛 世界ミドル級タイトル戦

 ボクシングのタイトルマッチで20連続防衛を果たし、勝ち名乗りを受けて喜ぶゴロフキン=カーソン(AP=共同)  ボクシングのタイトルマッチで20連続防衛を果たし、勝ち名乗りを受けて喜ぶゴロフキン=カーソン(AP=共同)
 ボクシングの世界ボクシング協会(WBA)スーパー王座など主要3団体のミドル級タイトルを持つゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が5日、米カリフォルニア州カーソンで行われたバネス・マルチロシャン(米国)とのタイトルマッチで2回KO勝ちし、20連続防衛を果たした。同級の最多防衛記録を持つバーナード・ホプキンス(米国)に並んだ。

 4月15日にWBAミドル級王座を初防衛した村田諒太(帝拳)はゴロフキンとの将来的な対戦を希望している。AP通信によると、ゴロフキンは今後について「誰の挑戦でも受ける。相手は誰でも構わない」と話した。(共同)

(5月6日18時47分)

スポーツ(5月6日)