国内外ニュース

CIA長官候補が辞退を検討 テロ容疑者拷問関与の追及懸念か

 ジーナ・ハスペル米CIA長官代行(CIA提供、AP=共同)  ジーナ・ハスペル米CIA長官代行(CIA提供、AP=共同)
 【ワシントン共同】米主要メディアは6日、トランプ大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペル長官代行が指名辞退を検討していると報じた。テロ容疑者の拷問に関わっていた可能性が指摘され、議会の指名承認公聴会で追及されることを懸念しているという。情報活動を支える重要官庁のトップに選んだ人物が指名を辞退すれば、トランプ氏に痛手となる。

 一方、ニューヨーク・タイムズ紙電子版はハスペル氏が指名を辞退しない考えを示したと伝えている。4月には退役軍人長官に指名されていたジャクソン氏が公務中の飲酒などの問題を追及され、指名を辞退したばかり。

(5月7日12時58分)

国際(5月7日)