国内外ニュース

野田前首相、「野党結集に注力」 新党不参加、無所属で活動

 記者会見で民進党離党と新党不参加を説明する野田前首相=7日午前、千葉県庁  記者会見で民進党離党と新党不参加を説明する野田前首相=7日午前、千葉県庁
 野田佳彦前首相は7日、民進党を離党し、希望の党と結成する新党「国民民主党」にも参加しない考えを表明した。千葉県庁で記者会見し「無所属で野党結集に力を注いだ方がベターと判断した」と理由を説明した。

 野田氏は「立憲民主党と新党をつなぐ懸け橋役を果たし、安倍1強政治に対抗する野党が結集する大きな固まりをつくる決意だ」とする書面を配布。両党に加わらない地方議員の受け皿となる政治団体を設立する方針も示した。

 野田氏は民進分裂を受け、昨年の衆院選に無所属で出馬し、千葉4区で8選。民進党に籍を置いたまま、民進系の衆院会派「無所属の会」で活動していた。

(5月7日11時54分)

政治(5月7日)