国内外ニュース

「父が刃物、もみ合いに」 鹿児島の5人殺人で容疑者

 鹿児島県日置市の民家で男女5人が殺害された事件で、民家に住む祖母と父親の殺害容疑などで再逮捕された無職岩倉知広容疑者(38)が「祖母への暴行後、怒った父親が刃物を持ち出してきて、もみ合いになった」という趣旨の供述をしていることが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警は2人の殺害に至った動機につながる可能性があるとみて、当時の状況を詳しく調べている。

 捜査関係者によると、知広容疑者は「(刃物を持ち出した際に)父親が『おまえを殺して自分も死ぬ』と言った」との趣旨の話もしている。

(5月7日12時58分)

社会(5月7日)