国内外ニュース

JR九州、新幹線の利用増 阿蘇山の規制解除も後押し

 JR九州は7日、ゴールデンウイーク期間(4月27日~5月6日)の利用状況を発表した。九州新幹線は、博多―熊本が前年同期比6%増の約34万2千人、熊本―鹿児島中央は5%増の約17万5千人だった。3日以上の連休が2回あり遠出する客が増加したほか、熊本・阿蘇山の中岳第1火口の立ち入り規制が解除されたことも後押しした。

 長崎線と日豊線の特急は2%増の約41万1千人が利用した。混雑のピークは下りが5月3日、上りが6日だった。

 JR九州高速船によると、博多港と韓国・釜山港を結ぶ高速船の利用客は24・3%減の6678人だった。

(5月7日16時03分)

暮らし・話題(5月7日)