国内外ニュース

GW、JRの利用好調 6日上りは過去最高

 関西でもUターンラッシュがピークを迎え、JR新大阪駅で窓越しに手を振る子どもたち=6日午前  関西でもUターンラッシュがピークを迎え、JR新大阪駅で窓越しに手を振る子どもたち=6日午前
 JR各社が7日まとめたゴールデンウイーク期間(4月27日~5月6日)の利用実績によると、新幹線や在来線特急が走る主な線区で、前年同期比3%増の1170万9千人を記録した。前半の3連休が好調で、天候にも恵まれたためとみられる。5月6日の上り利用客数は、期間中の1日当たりでは過去最高の91万5千人となった。

 新幹線で前年を下回ったのは、開業3年目の北海道のみで9%減だった。他の新幹線の増加率は、北陸がJR東日本区間で5%、JR西日本区間で4%。東海道が5%、上越と山陽がいずれも4%、九州が6%となった。

(5月7日16時31分)

暮らし・話題(5月7日)