国内外ニュース

青森、日暈と環水平アーク 円形と直線の虹、同時に

 青森市で観測された、太陽を囲む円形の虹「日暈」。下に見える虹は「環水平アーク」=7日午前11時45分  青森市で観測された、太陽を囲む円形の虹「日暈」。下に見える虹は「環水平アーク」=7日午前11時45分
 青森市の上空に7日、太陽を囲む円形の虹「日暈」と、一直線に延びる虹「環水平アーク」が同時に発生した。青森地方気象台によると、二つの現象が一度に観測されるのは珍しいという。

 日暈と環水平アークは、太陽の光が上空に浮かぶ氷の結晶に当たって屈折したり、反射したりして起きる。青空が広がった7日は午前11時ごろまでに出現し、数時間にわたって続いた。

 気象台には市民から「あれは何なのか」「どうして起こるの」などの問い合わせが相次いだ。青森県庁の窓から見ていた県職員岡村郁子さん(49)は「初めて見た。何かいいことがあればいいな」と笑顔で話した。

(5月7日17時36分)

暮らし・話題(5月7日)