国内外ニュース

レバノン総選挙、シーア派が躍進 9年ぶり実施、連立協議へ

 7日、ベイルートで記者会見し、党首を務める「未来運動」が議席を大きく減らしたことを認めるハリリ首相(AP=共同)  7日、ベイルートで記者会見し、党首を務める「未来運動」が議席を大きく減らしたことを認めるハリリ首相(AP=共同)
 【ベイルート共同】中東のレバノンで6日、国民議会(定数128、任期4年)総選挙が行われた。隣国シリアの内戦などによる政治混乱で延期が繰り返され、2009年以来9年ぶりの実施。7日までの非公式開票結果によると、イスラム教シーア派の「ヒズボラ」を軸とする政治連合が躍進し、スンニ派のハリリ首相率いる第1党「未来運動」は10前後の議席を失ったもようだ。

 7日中にも正式発表の見通し。投票率は49・2%。中東の覇権を争うスンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランを後ろ盾にした対決は、シーア派優勢の結果となった。今後は新政権樹立に向けた連立協議が大きな焦点だ。

(5月7日21時56分)

国際(5月7日)