国内外ニュース

富士フイルム側に譲歩促す 買収反対のゼロックス大株主

 【ニューヨーク共同】富士フイルムホールディングス(HD)による米事務機器大手ゼロックスの買収に反対するゼロックス大株主の米著名投資家カール・アイカーン氏らは7日、ゼロックス株1株当たり40ドル以上を提示すれば買収提案を検討すると表明した。具体的な金額を示すことで富士フイルムHDに譲歩を促す狙いがありそうだ。ゼロックス株主に向けた書簡で明らかにした。

 ゼロックスは1日、アイカーン氏らとの和解を発表したが、和解案は3日に失効。当初は辞任する予定だった買収推進派のゼロックスの現経営陣が残留することになり、富士フイルムHDとの協調路線に戻った。

(5月8日11時22分)

経済(5月8日)