国内外ニュース

出前館創業者、二審も有罪 相場操縦の罪、東京高裁

 宅配注文サイト「出前館」運営会社の株価を不正につり上げたとして、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪に問われた創業者で元社長の花蜜幸伸被告(48)の控訴審判決で、東京高裁は8日、懲役3年、執行猶予4年、罰金2千万円、追徴金約1億2928万円とした一審判決を支持、被告の控訴を棄却した。

 被告側は「株を取引したが、売買が盛んであるように見せかける意図はなかった」と無罪を主張していたが、大熊一之裁判長は「取引の実態を踏まえれば、一般投資家を誤解させる目的があったと言える」と退けた。

(5月8日11時51分)

社会(5月8日)