国内外ニュース

NY司法長官、女性暴行か セクハラ告発の旗振り役辞意

 【ニューヨーク共同】米誌ニューヨーカー電子版は7日、ニューヨーク州シュナイダーマン司法長官の交際相手だった女性4人がシュナイダーマン氏から暴行を受けていたことを証言したと報じた。シュナイダーマン氏は報道内容に異議を唱えた上で、8日に辞任すると発表した。

 シュナイダーマン氏は米セクハラ問題の発端となった大物プロデューサーを提訴するなど、性被害告発の「#MeToo」(「私も」の意)運動の旗振り役の一人とされていた。

 シュナイダーマン氏は声明で辞任理由は、報道によって職務継続が難しくなったためと述べた。同州のクオモ知事がシュナイダーマン氏の辞任を要求していた。

(5月8日12時52分)

国際(5月8日)