国内外ニュース

米グーグルがIoT向けOS提供 家電やロボットで搭載へ

 米カリフォルニア州マウンテンビューのグーグル本社=7日(共同)  米カリフォルニア州マウンテンビューのグーグル本社=7日(共同)
 【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)共同】米グーグルは7日、モノのインターネット(IoT)向けの基本ソフト(OS)「アンドロイド・シングス」の提供を正式に始めたと発表した。グーグルの人工知能(AI)やクラウドサービスと連係しやすい。冷蔵庫など家電からロボットまで幅広い機器で搭載を進めたい考えだ。

 米アマゾン・コムやマイクロソフトも同様のOSを展開しており、自社の陣営拡大を目指した競争が激しくなってきた。

 グーグルは既に、一部のメーカーと協業を始めている。中国の聯想(レノボ)グループなどが発売する新型ディスプレー端末は、このOSを搭載する。

(5月8日15時37分)

経済(5月8日)