国内外ニュース

MRJ立て直しへ資本増強 三菱重工、19年3月期に

 国産初のジェット旅客機MRJの試験機=2017年3月、愛知県営名古屋空港  国産初のジェット旅客機MRJの試験機=2017年3月、愛知県営名古屋空港
 三菱重工業は8日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)について、2019年3月期中に資本増強を実施する計画を発表した。財務基盤を強化して開発、販売体制を抜本的に立て直す。この方針は同日公表の新中期経営計画に明記。成長分野へのシフトも進め、計画最終年度の21年3月期には連結売上高を5兆円へ伸ばす目標を示した。

 三菱航空機は開発の遅れが響き、負債が資産を上回る債務超過の額が18年3月期末に約1千億円へ膨らんでいた。

(5月8日19時06分)

経済(5月8日)