国内外ニュース

研究機関、日本の石炭火力を批判 パリ協定巡り分析

 【ボン共同】地球温暖化対策のパリ協定の目標達成には、日本などが推進する石炭火力発電が大きな懸念材料で、多くの国で取り組みの強化が必要だとする分析結果を、海外の研究機関でつくる「クライメート・アクション・トラッカー」が8日までにまとめた。ドイツ・ボンで開催中の気候変動枠組み条約の会議に合わせて公表した。

 2020年に始まるパリ協定は、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目指す。分析は、現状では達成が難しいが、二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、英国など脱石炭にかじを切る国が増えていると指摘した。

(5月8日17時02分)

科学・環境(5月8日)