国内外ニュース

野村HD、中国に合弁設立へ 51%出資、参入規制緩和で

 【北京共同】中国証券監督管理委員会は8日、野村ホールディングス(HD)が51%を出資する合弁証券会社の設立を申請したと発表した。法規制に基づき審査する。中国政府が外国の証券会社に対する出資規制を緩和したことを受け、野村HDは北京や上海といった都市部を中心に株式や債券、投資信託を販売し、中国事業を経営の柱の一つに育てたい考えだ。

 中国では、外国の証券会社が出資できる上限を49%に制限し、外国企業が経営権を握れないように規制していた。しかし、習近平国家主席は4月、米中通商摩擦を和らげるため、金融市場の対外開放を進める方針を表明した。

(5月8日22時51分)

経済(5月8日)