国内外ニュース

NY株、小幅反落 持ち高調整の売り優勢

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に反落し、午前10時現在は前日比65・34ドル安の2万4291・98ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・07ポイント安の7245・14。

 トランプ米大統領が米欧など6カ国とイランが結んだ核合意への対応を発表するのを控え、持ち高を調整するための売り注文が優勢となった。ただ、様子見ムードも強く、方向感に乏しい展開となった。

(5月8日23時21分)

経済(5月8日)