国内外ニュース

国連総長、米の離脱「深い憂慮」 残る参加国は核合意順守を

 【ニューヨーク共同】トランプ米大統領がイランや欧州諸国などと結んだ核合意から離脱すると表明したことについて、国連のグテレス事務総長は8日、報道官を通じて「深く憂慮する」との声明を発表した。核合意の他の参加国には合意順守を、全国連加盟国にも合意への支持を呼び掛けた。

 グテレス氏は、合意は核不拡散と外交における重要な成果であり、地域と国際社会の平和と安定に貢献してきたと指摘。参加国が履行していないという懸念があれば「合意が規定している仕組みを通じて対応するべきだ」と訴えた。

(5月9日5時37分)

国際(5月9日)