国内外ニュース

NY株、2ドル高 石油株が相場下支え

 ニューヨーク証券取引所=2014年2月  ニューヨーク証券取引所=2014年2月
 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅ながら4営業日続伸し、前日比2・89ドル高の2万4360・21ドルで取引を終えた。

 トランプ米大統領は8日午後、イラン核合意から離脱して対イラン制裁を再開する方針を表明した。イラン産原油の供給減を受けて原油高が進み、収益が改善するとの期待が高まった石油のシェブロンなどが買われ、相場全体を下支えした。金融のJPモルガン・チェースの上昇も目立った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・69ポイント高の7266・90。

(5月9日6時01分)

経済(5月9日)