国内外ニュース

徳島・阿波おどり主催者解散届 市観光協会、即時抗告中

 徳島市の「阿波おどり」事業で4億円以上の累積赤字が発生し、徳島地裁が主催者の市観光協会の破産手続き開始を決定した問題で、破産管財人が法的に義務付けられている同協会の解散届を徳島県に提出していたことが9日、県への取材で分かった。提出は4月26日付。

 同協会は、破産手続き決定を不服として4月16日に高松高裁に即時抗告しており、抗告が認められると、解散は取り消しになる。同協会は「解散届は預かりの状態にあると考えている。即時抗告の結果を待ちたい」としている。

(5月9日11時32分)

社会(5月9日)