国内外ニュース

核兵器禁止条約発効まで2年か ICAN事務局長が見通し

 【ニューヨーク共同】ノーベル平和賞を昨年受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のフィン事務局長は8日、核兵器禁止条約を批准する国々が発効に必要な50カ国に達するまで、今後2年程度かかるとの見方を示した。ニューヨークの国連本部で記者団に語った。

 この日は昨年の条約制定交渉の推進役だったオーストリアが国連に批准を正式に届け、フィン氏は平和賞のメダルを持参して立ち会った。これまでに批准したのはオーストリアを含めて9カ国・地域で、前段階に当たる署名を終えたのは58カ国・地域。

 条約は50カ国が批准した90日後に発効する。

(5月9日12時01分)

国際(5月9日)