国内外ニュース

買収は大きなステップと武田社長 株主の懸念払拭へ

 欧州医薬品大手シャイアー買収について記者会見する武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長=9日午後、東京都中央区  欧州医薬品大手シャイアー買収について記者会見する武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長=9日午後、東京都中央区
 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は9日、東京都内で記者会見し、欧州医薬品大手シャイアーの買収について「グローバルな医薬品のリーダーになるための大きなステップだ」と意義を説明した。買収額が日本勢による海外買収として過去最高となる460億ポンド(約7兆円)に上るため、財務悪化に対する市場関係者や株主の懸念を払拭したい考えだ。

 買収が完了すれば両社の医療用医薬品の売上高は単純合算で世界9位となり、欧米勢に後れを取っていた新薬の開発や、世界最大の米国市場での販売拡大に弾みがつく。

 ウェバー氏は「武田の戦略が加速するための買収だ」と強調した。

(5月9日13時02分)

経済(5月9日)