国内外ニュース

月間MVP、坂本勇らが受賞 3、4月

 巨人の坂本勇人内野手(右)、西武の山川穂高内野手  巨人の坂本勇人内野手(右)、西武の山川穂高内野手
 セ、パ両リーグは9日、3、4月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セはメッセンジャー投手(阪神)と坂本勇内野手(巨人)が、パは多和田投手と山川内野手の西武勢が選ばれた。山川は昨年8月と9、10月に続き3度目の選出となった。

 メッセンジャーは外国人初の4年連続開幕投手を務めてリーグトップの4勝(1敗)を挙げて3度目の受賞。坂本勇はリーグ1位の打率3割6分9厘、38安打を記録し12年目で初選出となった。

 多和田は5試合で5勝を挙げて3年目で初受賞し、山川はチームの全試合に4番で出場し、打率3割3分7厘で、ともにリーグトップの11本塁打、33打点をマークした。

(5月9日14時37分)

プロ野球(5月9日)