国内外ニュース

公園の桜切断は市の委託業者 東大阪、3月に

 切り取られた桜の木=3月29日、大阪府東大阪市の加納北公園  切り取られた桜の木=3月29日、大阪府東大阪市の加納北公園
 大阪府東大阪市の加納北公園で今年3月に桜の木の幹や枝が切り取られているのが見つかった問題で、市は9日、委託業者が切断していたと発表した。市は府警に器物損壊容疑の被害届を提出していた。

 市によると、業者は1月末から約2週間、桜以外の樹木を剪定する際に、市への事前連絡や防腐処理をしないで桜の木10本の幹や枝計約30カ所を切り取った。当初は市の聞き取りに虚偽の報告をしていたが、4月24日に認めた。業者は「枯れていて危ないと思った。指示以外のことなので報告しなかった」と話しているという。

(5月9日18時42分)

社会(5月9日)