国内外ニュース

水俣病被害者団体チッソに抗議文 「救済終了」発言で

 水俣病被害者・支援者連絡会は9日、熊本県水俣市にある原因企業チッソを訪れ、今年の犠牲者慰霊式の後で後藤舜吉社長が「水俣病特別措置法の救済は終わっている」と発言したことへの抗議文を提出した。応対した同社の新井次郎事務部長は「特措法で(未認定患者らへの)一時金支払いに区切りが付いたという趣旨の発言。補償責任を免れたということではない」と弁明した。

 抗議文には、後藤氏の発言撤回と早期辞任を要求として明記。連絡会の谷洋一さん(69)は、新井氏に「まだ患者認定の申請や訴訟が続いている」と訴えた。

 連絡会は、文書での回答か記者会見の実施で抗議文に応じるよう注文した。

(5月9日19時31分)

社会(5月9日)