国内外ニュース

ラグビーW杯1次候補は40人 メンバー発表、リーチや松島ら

 日本ラグビー協会は9日、2019年ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表の1次候補メンバーを発表し、フランカーのリーチ・マイケル(東芝)やFB松島幸太朗(サントリー)ら40人が選ばれた。候補選手はトップリーグの出場試合数や休養について所属チームと調整ができる。選手の過密日程を解消し、代表活動を優先させる狙いがある。

 候補選手には19年大会までに日本代表資格を取得する可能性がある外国出身選手4人も含まれた。日本協会によると、顔ぶれは順次入れ替わり、サンウルブズが参戦するスーパーラグビー(SR)のシーズン後に2次候補を発表する方針という。

(5月9日20時26分)

スポーツ(5月9日)