国内外ニュース

マレーシア総選挙、接戦 与野党「互角の戦い」

 9日、投票後に笑顔を見せるマハティール元首相=マレーシア北部クダ州アロースター(共同)  9日、投票後に笑顔を見せるマハティール元首相=マレーシア北部クダ州アロースター(共同)  9日、投票済みを示すインクがついた指を見せるナジブ首相=マレーシア・プカン(共同)  9日、投票済みを示すインクがついた指を見せるナジブ首相=マレーシア・プカン(共同)
 【クアラルンプール共同】マレーシア下院選(定数222、任期5年)が9日投開票された。事前の世論調査ではナジブ首相(64)の与党連合が優勢とされていたが、地元メディアは9日夜、独自の中間集計に基づき、与野党が「互角の戦い」を繰り広げていると報じた。大勢は10日に判明する見込み。

 国営ベルナマ通信は非公式集計に基づいてナジブ政権の閣僚の落選を伝えており、マハティール元首相(92)率いる野党連合が健闘。野党連合が勝利すれば、1957年の独立以来初の政権交代が実現し、かつて22年間に及ぶ長期政権を担ったマハティール氏が首相に返り咲くことになる。

(5月10日1時22分)

国際(5月10日)