国内外ニュース

大阪で15歳未満女児が脳死 臓器を提供

 日本臓器移植ネットワークは9日、大阪大病院に蘇生後脳症で入院していた10歳以上15歳未満の女児が同日午前に臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。法的脳死は528例目。家族が脳死判定と臓器提供を承諾した。15歳未満からの臓器提供は、2010年の改正臓器移植法施行で可能になった。

 肺は片方ずつ東北大病院と東京大病院、肝臓は京都大病院、膵臓と片方の腎臓は藤田保健衛生大病院(愛知県)、もう片方の腎臓は大阪大病院でそれぞれ移植。心臓と小腸は医学的理由で断念した。

(5月10日0時37分)

科学・環境(5月10日)