国内外ニュース

中小支援拡充に新組織 商工中金、業務を転換

 インタビューに答える商工中金の関根正裕社長  インタビューに答える商工中金の関根正裕社長
 商工中金の社長に3月就任した関根正裕氏(60)は9日までに共同通信のインタビューに応じ、本来の役割である中小企業の経営支援を拡充するため、本社に専門の組織を新設する方針を明らかにした。不祥事があった国の公的融資「危機対応融資」中心の業務からビジネスモデルの転換を急ぐ。

 関根氏は「危機対応融資が業務の大半を占めていたため、やるべきことができていなかった」と就任前の状況を批判。中小企業支援のノウハウを全社的に共有するための体制を整備する。今後公表する業務改善計画に盛り込む方針だ。

 関根氏は「顧客の経営課題に対し解決策を提供していく」と意気込みを示した。

(5月10日1時02分)

経済(5月10日)