国内外ニュース

金正恩氏、米朝会談に意欲 「歴史的出会いになる」

 左からポンペオ米国務長官、金正恩朝鮮労働党委員長、トランプ米大統領(ロイター=共同)  左からポンペオ米国務長官、金正恩朝鮮労働党委員長、トランプ米大統領(ロイター=共同)
 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩朝鮮労働党委員長が訪朝したポンペオ米国務長官と9日に会談したことを報じた。金氏はトランプ米大統領のメッセージを伝えられ「大統領が対話を通じた問題解決に深い関心を持っている」と評価。米朝首脳会談の実務的な問題に合意し「会談は朝鮮半島の肯定的な情勢発展を推進し、素晴らしい未来を建設するための第一歩を踏み出す歴史的な出会いとなるだろう」と意欲を示した。

 北朝鮮の国営メディアが、米朝首脳会談に関する金氏の発言を伝えたのは初めて。非核化を巡る議論に真剣に臨む用意があることを示唆した。

(5月10日7時46分)

国際(5月10日)