国内外ニュース

イラン部隊がロケット弾発射 イスラエル軍に、緊張激化

 【エルサレム共同】イスラエル軍は10日未明、内戦が続く隣国シリアに展開するイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」が約20発のロケット弾を占領地ゴラン高原のイスラエル軍に向けて発射したと発表した。イスラエル軍は対空防衛システム「アイアンドーム」で数発を撃墜し、死傷者はなかったとしている。

 ロイター通信によると、軍報道官は報復攻撃を行ったとしたが、詳細は不明。トランプ米政権が8日にイラン核合意からの離脱を表明したことを受け、離脱を支持するイスラエルと、敵対するイランの対立が一層激化し、直接衝突に発展する懸念が高まっている。

(5月10日11時21分)

国際(5月10日)