国内外ニュース

前山梨市長元妻に実刑判決 3億7千万円投資詐欺

 架空の投資話で知人から約3億7千万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた望月治美被告(62)に、東京地裁は10日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。被告は山梨県山梨市の望月清賢前市長(70)=受託収賄罪などで有罪確定=の元妻。

 任介辰哉裁判長は、架空の事業の取引相手として大手建設会社の名前を出し、うその書類を作成して取引の存在を信じ込ませたと指摘。「投資意欲をあおった手口は巧妙で、被害も多額。結果は重大だ」と述べた。

(5月10日11時41分)

社会(5月10日)