国内外ニュース

観光業界「海の日」3連休続けて 7月20日固定案に反発

 記者会見する日本旅行業協会の田川博己会長=10日、東京都千代田区  記者会見する日本旅行業協会の田川博己会長=10日、東京都千代田区
 7月第3月曜の祝日「海の日」を2021年以降、7月20日に固定する案を巡り、観光業界が反発している。固定化は「海の恩恵に感謝する」趣旨を明確にする目的だが、日本旅行業協会の田川博己会長(JTB会長)は10日、記者会見し「3連休は国民に定着し、地方の観光振興に役立っている」と訴えた。

 海の日は、1876年に東北を巡幸した明治天皇が船で横浜港へ戻った日付にちなむ。1996年に祝日となり、3連休をつくる「ハッピーマンデー」制度に伴い、03年から7月第3月曜日となった。

 超党派の国会議員らによる「海事振興連盟」は祝日の理念を重視し、以前から固定化を目指してきた。

(5月10日17時42分)

暮らし・話題(5月10日)