国内外ニュース

ヤマダ電機社長に三嶋氏 住宅事業の強化目指す

 ヤマダ電機社長に就任する三嶋恒夫氏  ヤマダ電機社長に就任する三嶋恒夫氏
 ヤマダ電機は10日、次期社長に三嶋恒夫執行役員副社長(58)が昇格する人事を発表、6月28日の株主総会後に就任する。桑野光正社長(63)は副会長に就く。

 暮らし全般に関わる事業モデルの構築を目指し、住宅リフォーム事業に知見がある三嶋氏の起用を決めた。

 三嶋氏は北陸地方が地盤の家電量販店チェーンで住宅リフォーム事業を立ち上げた実績がある。ヤマダでは家電販売と住宅関連サービスを提供する複合型店舗の運営を担当していた。

 三嶋 恒夫氏(みしま・つねお)金沢経済大(現金沢星稜大)卒。エディオン取締役などを経て、17年6月からヤマダ電機執行役員副社長。福井県出身。

(5月10日18時31分)

経済(5月10日)