国内外ニュース

東京円、一時110円台 約1週間ぶり円安水準

 10日の東京外国為替市場の円相場は一時、約1週間ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=110円02銭を付けた。

 午後5時現在は、前日比22銭円安ドル高の1ドル=109円93~95銭。ユーロは49銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円37~41銭。

 米長期金利の上昇によって日米の金利差拡大が意識され、ドルが買われて円が売られた。ただ、米国の景気動向を注視する見方も広がり、値動きは小幅だった。

 目立った取引材料に乏しく、市場では「生半可な材料では1ドル=110円台の維持は難しい」(外為ディーラー)との声が出た。

(5月10日18時31分)

経済(5月10日)