国内外ニュース

親子遭難の認知時間訂正 新潟県警

 新潟県警は10日、同県阿賀野市の五頭連峰付近で遭難したとみられ、5日から行方不明になっている親子について、当初6日午後6時ごろとしていた認知時間を、同日午前9時20分ごろと訂正した。親子は見つかっていない。

 県警によると、親子は新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空君(6)。県警は当初、渋谷さんの父親が6日午後6時ごろに阿賀野署に届け出たと説明していたが、実際はそれより前の同日午前9時20分ごろ、父親が同署の駐在所を訪れて「息子と孫が山で道に迷った」と口頭で伝えていた。

(5月11日0時22分)

社会(5月11日)