国内外ニュース

3大銀、ATM共通化検討 低金利でコスト削減

 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行  三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行
 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3メガバンクが現金自動預払機(ATM)の開発や管理を共通化する検討に入ったことが11日、分かった。ITの進展でインターネット上の取引が普及し、ATMの利用は縮小すると予想。長引く低金利で経営環境の厳しさが増す中、ATM業務を合理化し、開発・維持コストを減らす。

 検討の背景には現金の取り扱いを減らし、キャッシュレス化を推進する思惑もある。

 3メガのATMは、システムや開発を手掛ける企業が違うほか、通帳の仕様も異なる。このため、共通化したタイプは通帳の記帳に対応しない簡易版を想定している。

(5月11日10時53分)

経済(5月11日)